【スピリチュアルな毎日】パワーストーンの種類や色を勉強中

スピリチュアルなことが大好きなアラサーです。特にパワーストーンが好きで、自分なりにブレスレットを作ってみたり、種類や色を勉強したり、ヒーリングしてみたりしています。自分の体験談も交えて楽しいブログにしていきます。

【パワーストーンの選び方】色を中心に選ぶ~青・藍色~

 

さてさて、順番にパワーストーン

色について書いてきています。

 

こうやって書くことで、ああ、

こんな意味合いがあるのかなんて、

より石のことが身近に感じ好きになってきます。

 

私が書いている解釈は

他の人からすると違うかもしれません。

 

なので、一つの参考して捉えてくださいね^^

 

自分が今まで勉強してきたこと、

実際にクリスタルに触れることで

感じたことを元にして書いていますので・・・・。

 

教科書だけがすべてではない、

そんな風に感じながら

毎日パワーストーンと接しています。

 

スピリチュアルなことって

「頭でガチガチ」になると

つまらないと思うのです。

 

目に見えないことだからこそ

心で感じて自由でいたい、

柔軟でいたいと思っています。

 

青・ブルー

 

ブルーと言って思いつくのは

海、空、そして宇宙の色ではないでしょうか。

 

爽やかな水色から、

ターコイズそして、

深みのある濃紺。

 

青色はさまざま表情を見せてくれます。

 

青色は落ち着きと、

インスピレーションを与えてくれる色です。

 

また、自分の心と向き合い、

自分は何を望んでいるのかをはっきりさせ、

それを外に向けて発信していく力を持ちます。

 

青色はのど部分にある第5チャクラに対応しています。

 

のどは言葉を発する場所であり、

心で感じたことを表現せずに、

黙っていると咳が止まらなかったり、

そんなトラブルが起きることもあります。

 

f:id:yukiriee:20170430100542j:plain

 

実は私は実際に、人に対していいたいことがいえず、

自分で感情を認めてはいたものの

(感情を認めるのは緑の領域)、

表現することが出来ずにいました。

 

そうしたら、なんと咳喘息に

かかってしまったのですよね。

 

その時期、

オーラソーマにはまっていたこともあり、

ブルーのボトルを使って自分ののどを癒す瞑想をしました。

 

オーラソーマにおいてのブルーは

男性性とのバランスも関係しています。

または囲い、権威性など。

 

ここは話すと長くなっちゃうのですが、

父との関係においてトラウマがあったので、

そのあたりを癒す必要がありました。

 

 

ブルーのボトルとともに、ターコイズの石の力をかりました。

 

あ、もちろん、病院にはいきましたよ。

 

瞑想すると

不思議と咳が出にくく

夜寝やすくなるのを感じました。

 

ターコイズはブルーではありますが、

少し緑が入っています。

 

コミュニケーション能力を高めたり、

創造性を解放したりする色です。

 

心と表現をスムーズに繋げることで

私の咳喘息も徐々に落ち着きました。

 

藍色

 

一言で青色のパワーストーンといっても

その色合いは他の石に比べても差が激しいです。

 

その分意味合いも違ってきます。

 

グリーンよりなのか、藍色よりなのか。

 

より、深い、藍色に近いものは

インスピレーションを高めてくれます。

 

特にラピスラズリなんて

精神性の塊って感じですよね。

 

藍色は第六チャクラ、目と目の間に対応しています。

 

ここは直観力、精神性をつかさどる場所。

 

ブルーの中でも深い色の場合は、

自分の知性と内面の魅力を高め、

より頭を冴えさせるイメージです。

 

自分の意思をはっきりさせるとともに

宇宙にエネルギーとつながるような感覚。

 

また、天とつながることでより良い出会い、

不思議なご縁を導いてくれる色です。

 

青色の石の代表的なものは、

サファイアラピスラズリ、ソーダライト、

ターコイズ、ラリマー、アパタイト、ソーダライトなど