読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【スピリチュアルな毎日】パワーストーンの種類や色を勉強中

スピリチュアルなことが大好きなアラサーです。特にパワーストーンが好きで、自分なりにブレスレットを作ってみたり、種類や色を勉強したり、ヒーリングしてみたりしています。自分の体験談も交えて楽しいブログにしていきます。

【パワーストーンの選び方】色を中心に~赤色とピンク~

 

パワーストーンってたくさんありすぎて

どうやって選んでいいか迷うことありませんか?

 

何の目的無しにショップに行く

とあまりに数が多すぎて

石酔いすることがあります。

 

これ!と決めているときは

さっさと目的のものに出会おうとするので

大丈夫なのですが、

 

ウィンドウショッピングがてらのときは、

思いがけずよい石に会うこともあれば、

先に書いたようにあまりに数が多すぎて

ぐったりすることもあります。

 

自分に合う石を選ぶ基準のひとつに

色から入ると言う手もあります。

 

パワーストーンって本当に

いろんな色があって、美しいですよね^^

 

トーンの色の意味を

ある程度把握してから選ぶと、

迷いにくくなるので、

 

石の色について

ちょっと書いてみようかななんて思います。

 

自分の勉強もかねて。

 

赤色

 

赤色は情熱的であり、

どちらかと言うと現実的な色です。

 

チャクラで言うと第一チャクラに対応しているので、

ビジネスに関することや、

物質的なものを手に入れたいとき、

なんだか元気が出ないと言うときにおすすめの色。

 

 

また、たとえば、

会社とかでなかなか影の薄い存在で、

自分はここにいるよ、

と自己主張したいときや、

自分の感情を解放したいときにもおすすめです。

 

感情を高めてくれる色でもあります。

 

赤色の石の種類は、ガーネット、カーネリアン、レッドアゲート、ルビー、インカローズなどなど。

 

f:id:yukiriee:20170429191402j:plain

 

ピンク

 

ローズクォーツが代表的なように、

まさに、恋愛運アップの色ですよね~。

 

もちろん、それだけではないです。

 

ピンクは女性らしい優しさを引き出して、

落ち着きとあなたの魅力を高めてくれます。

 

また子宮の色でもあるので、

子どもがほしいと思っている女性にもおすすめ。

 

ピンクは無条件の愛の象徴。

 

なので、恋愛に関する愛情だけではなく、

自分自身を肯定できないとき、

 

自己嫌悪に陥っているときなども、

心を安定させて安らぎをもたらせてくれます。

 

女性らしいコミュニケーションが

取れるように促してくれる色。

 

オーラソーマで言えばレッドに光が入った色がピンクです。

光が入ると薄まるのではなく、

より意味合いが強まるとも考えられています。

 

なので、現実を動かす力も強いですよ。

心身ともに弱っているなと言うときにも使いたい色です。

 

赤色と違うのは目に入るときに

ピンクだとやっぱり優しいイメージになるので

 

元気になりたいけど赤色は強烈過ぎて付けられない

というときにもよいカラーです。

 

ピンクのパワーストーンには

代表的で価格もお手ごろなローズクォーツ

クンツァイト、ピンクカーネリアン、

ロードナイト、ピンクオパールなどがあります。